銅ミンチボールスクラップ破砕

銅ミンチボールは、エンジンスタータやオルタネーターを大型ハンマーミルで破砕した後に回収されるものです。銅ミートボールは、鉄と銅で構成されて、大型のハンマーミルは破砕時に電気モーターを変形させる傾向があり、銅と鉄の分離回収が困難になります。銅ミートボールの銅部分を回収するには、破砕後のモーターより、磁選機などで鉄を選別する必要があります。銅の価格を考慮すると、効率的に鉄と非鉄を選別回収することにより、ただのスクラップが非常に有益なものになります。ミンチボール破砕プロセスは、銅をハンマーミルで破砕し、銅と鉄を簡単に選別できる非常に対効果の高いリサイクル方法です。100~150 kWの中型ハンマーミルは、銅ミートボール破砕に最適なソリューショ です。ハンマーミルシュレッダーには、ミンチボールを適切な大きさに破砕し、鉄・非鉄 分離するために、交換可能なグレートバーが装備されています。金属スクラップ用のハンマーミルは、総重量が12 kg未満の産業用電気モーター、オルタネーター、スターターモーターの銅ミンチボール回収に使用されます。中型ハンマーミルは非常に投入材料や目的回収材料によって、柔軟に対応できるソリューションであり、既にお持ちの大型破砕機の後の、選別ステップの補助装置としても設置することができます。HMシリーズは、銅製ミートボールなどのエンジンスクラップのリサイクルや、重量が15kg未満のさまざまなタイプの電気モーターのリサイクルにも適しています。 Stokkermillハンマーミルは、デザイン・製造を全てイタリアで行っており、品質と信頼性が保証さ ています。すべての 械には、Stokkermillエンジニアリング部門に直接接続されたリモートアシスタント機能が装備されています。

磁選機を補助装置として設置することにより、鉄や銅などの非鉄金属を効率的に分離回収ができます。銅ミンチボールのリサイクルに一般的に使用される機械は次のとおりです。

•最大315kwの出力を備えたハンマーミルHM80、HM100、およびHM120。

•破砕材料を回収するための振動テーブル

•吊り下げ磁選機やマグネットドラムなどの磁選機


ストッカーミルのできること