一軸破砕機MFSシリーズ

硬質材料向け破砕・精製機

破砕機MFSシリーズは、スクリーンにより生成される材料のサイズをチェックすることができる極めて多目的な機械です。スクリーン無しで粗破砕用として使用することもできます。これにより鉄部品、自動車タイヤ、電気・電子機器のスクラップ、装甲ケーブルの一次破砕機として、または処理後の更なる精錬工程の為に使用することができます。

適切な大きさのフライホイールのおかげで、とても強靭な材料でも高いトルクと切断能力を発揮します。刃物の調整やメンテナンス作業が行えるように材料滞留部とスクリーン支持部のケーシングが開閉できるようになっていて破砕室に簡単に入ることができます。また過負荷の際にローターを損傷から守る機械保護システムも備えています。

堅牢な構造と高いメンテナンス性により信頼性、使いやすさ、ランニングコストとメンテナンスコストを保証します。

一軸破砕機MFSシリーズは以下の事業分野で使用されています。

  • タイヤリサイクル
  • 廃車から抽出する材料(ダッシュボード、雑線、自動車内装)
  • アルミスクラップのリサイクル
  • 破砕工程で発生するASR、カーフラフ、ゾルバ
  • 電気・電子機器の廃棄物
  • 電気ケーブル(大口径のもの、装甲ケーブル、鉄部品を含むケーブル)
  • オイルフィルター
  • 冷蔵庫

MFS- 800/260

‍動力

45 kW

‍機械寸法

1730x1700x2000 mm

‍機械重量

2000 Kg

ローターサイズ

800×260 mm

回転速度

200 rpm

MFS- 1200/400

‍動力

90 ~ 110 kW

‍機械寸法

2000x2400x3200 mm

‍機械重量

12500 Kg

ローターサイズ

1200×400 mm

回転速度

200 rpm

MFS- 1800/500

‍動力

160 ~ 200 kW

‍機械寸法

3200x2800x3500 mm

‍機械重量

18000 Kg

ローターサイズ

1800x500 mm

回転速度

200 rpm