一般廃棄物・都市廃棄物(MSW)用シュレッダー CRUSHER LC

一般廃棄物・都市廃棄物(MSW)用シュレッダー 廃棄物固体燃料(SRF) 廃棄物燃料(RDF)

適切なゴミの分別が必要になる、一般廃棄物・都市廃棄物(MSW)には、第一ステップとして、減容が必要です。シャフトと固定刃の特別なデザインにより、二軸破砕機LCシュレッダーは非常に用途が広く、産業廃棄物処理場でも問題なく運転を続けられるように堅牢な作りで設計されています。

一般廃棄物・都市廃棄物(MSW)シュレッダー「LCシリーズ」は、電気または油圧トランスミッションシステムのモデルからお選び頂けます。シャフトの回転は、シャフトが独立して移動し、回転方向を変えることができるようにプログラムされています。入力材料に応じて、二軸破砕機LCシュレッダーはさまざまな回転速度で稼働することができます。二軸破砕機LCシュレッダーは、PLC制御によって管理され、更にはリモートコントロールおよびリモートアシスタンスシステムも組み合わせる事が可能です。

廃棄物固体燃料(SRF)は、従来の化石燃料の代替燃料であり、紙、段ボール、木材、繊維、プラスチックなどの産業廃棄物から生成されます。適切に破砕・圧縮された、廃棄物固体燃料(SRF)や廃棄物燃料(RDF)は、発熱量が高いため、セメント工場で使用されます。

ガラスや金属などの不燃性物質は除去され、残りの物質はその後細断されます。電気、温水、都市暖房が発達するヨーロッパで、SRFは多くの回収プラントでエネルギーを生成するために使用されます。

非常に用途の広いStokkermill二軸破砕機LCシリーズは、2つの異なるモデルがあり、以下の廃棄部の容量削減に最適です。

  • 産業廃棄物減容
  • 医療廃棄物減容
  • ラジエーター破砕
  • アルミ破砕
  • 銅破砕
  • 鉄・非鉄破砕
  • 電気電子機器廃棄物(WEEE)破砕
  • 一般廃棄物・都市廃棄物(MSW)減容
  • プラスチック減容
  • 廃木材減容

LC-1200

パワー

2×22 kW

ローター

2 x 1200 mm  -  15〜25 rpm

切断室

1200×1000 mm

ホッパー

1700 x 1600 mm

重さ(kg)

5000 kg

大きさ

4000 x 1500 x 2500 mm

LC-2000

パワー

2 x 40 kW

ローター

2 x 2000 mm  -  15〜25 rpm

切断室

2000×1900 mm

ホッパー

2900 x 2800 mm

重さ(kg)

5800 kg

大きさ

6000×2500×2500 mm