TURBOFLEXシリーズ -乾式銅ナゲット機-

ターボ精錬機付きで小径ケーブルが処理できる造粒

TURBOFLEXシリーズ -乾式銅ナゲット機-

造粒機TURBOFLEXシリーズは、フレキシ造粒機の粉砕機下流にターボ精錬機を装備しており、170~350kg/hの処理をすることができる2種類のモデルをラインナップしています。ターボ精錬機を装備することで粉砕機のスクリーンを変更する事なく小径ケーブル(電話線及び電子機器ケーブル、キャピラリー)の処理が可能になります。TURBOFLEXには、大径ケーブルを分離するためのジグザグ式選別機を装備することができます。頑丈で信頼性の高い3枚の回転刃を装備した粉砕機は銅、アルミニウム、銅アルミラジエーターの処理が可能です。

TURBOFLEXシリーズの全ての粉砕機のパーツは溶接接合を用いない単一の鉄鋼部材からの加工で出来ています。

充分な容量の動力により、予期せぬ負荷によるトラブルを防止し、安定した動作と極めて低いエネルギー消費を保証します。

TURBOFLEXは全ての処理工程を構成する搬送ダクト及び投入サイクロンに充分なサイズを確保している為、強制冷却させるシステムを必要としません。

ベルトコンベヤNSTシリーズを介して前処理用シュレッダーPSCRSシリーズと接続することで破砕・造粒まで完結したリサイクルラインを構築することができます。

TURBOFLEXシリーズの特徴

  • 小径ケーブルに高い選別作業コストをかけず処理することができます。
  • 非常に細いケーブルと標準及び大口径ケーブルを同時に扱うことができます。
  • 使いやすい
  • 高い信頼性と堅牢性
  • 遮音技術により低騒
  • メンテナンス時間の短縮
  • 稼働が低コスト
  • 冷却システムを必要としない

TURBOFLEX K- 400

動力

36 kW

‍機械寸法

4200×1750×3440 mm

機械重量

2200 Kg

‍投入量

170 ~ 250 Kg/h

TURBOFLEX K- 500

動力

49 kW

‍機械寸法

4200×1750×3440 mm

機械重量

2500 Kg

機械寸法

350 ~ 400 Kg/h

*この仕様及び外観は技術改善等により予告なく変更することがあります。