アルミ線ケーブル(TECKケーブル)リサイクルプラント

アルミ線ケーブル(TECKケーブル)リサイクルプラント
cavi TECK
TECKケーブル

TECKケーブル リサイクルプラント TECKケーブルと呼ばれる、アルミ装甲ケーブルは北米やカナダなどで使用されますが、処理・回収用のリサイクルラインが必要になります 参照 Teck_cable. アルミ装甲線・Teckケーブルは、低流電圧装甲ケーブルです。最初に開発された町、オンタリオ州のTeck Townshipにちなんで命名されています。開発理由は、特に耐久性の高いケーブルを製造して、採掘業界の機器に電力を供給することでした。 アルミ装甲線・Teckケーブルは、特に汎用性が高く、水、化学物質、太陽光などへの耐性があり、接続部分が密封した場所であれば、可燃性物質や爆発性物質の近くにも使用することができます。 その特性により、アルミ装甲線・Teckケーブルは特に工業用以外の用途にも使用されるようになりました。厳しい状況下でも配電できる為、建設業界などでも使用されるようになりました。アルミ装甲線・Teckケーブルは、CSA規格では、Teck90という頭字語で指定されたC22.2 No. 131eとして定義されています。90は、Teckケーブルが現在の運搬容量を失う環境温度制限(摂氏)を示します。 アルミ装甲線・Teckケーブルのリサイクルプラント 一方、アルミ線・アルミ装甲線のリサイクルにはいくつかの欠点があります。それは、複数の材料の選別、特に銅とアルミニウムの選別です。 この問題を解決するために、ストッカーミルは銅とアルミの回収について研究してきました。非常に精密で速度が速く、低コストで運転できる乾式選別セパレータを設計しました。 銅とアルミ線用選別テーブルは、ミックスメタル、銅-アルミニウムなど、2つの材料を選別でき高品質な回収物を得られます。 銅・アルミ線用選別テーブルは、生産量によって様々なモデルがあり100~1500 kg/hのモデルがあります。 銅・アルミ線用選別テーブルは、既存そして稼働中のケーブルリサイクルプラントにも簡単に接続できます。

アルミ線用選別テーブル
アルミ線用選別テーブル

July 4, 2022