エンジンクラッシャープラント| STOKKERMILL

エンジンクラッシャープラント| STOKKERMILL
エンジン粉砕機

エンジンクラッシャープラント Stokkermill Recycling Machinery社が設計・製造したエンジンクラッシャープラントは、使用済み自動車(ELV)から回収されるアルミ製エンジンをプレス・破砕し、鉄・アルミを回収する第一ステップを可能にします。機械は厚さ60 mmのハルドックス耐磨耗鋼板で製造されています。 すべての溶接は、溶接ロボットにより正確に行われ、内壁にもハルドックスが付いているため、摩耗が低減され、摩擦の影響を受ける表面の耐久性が保証されます。 プレス作業は、220Tonの油圧システムによって駆動され、PLCによって制御されます。PLCにより、プッシャーの動き、プレスサイクルの頻度と排出シュートの開きを管理します。エンジン・ギアボックスクラッシャーは、プレスと破砕によって回収材料を数センチまで縮小できるため、破砕後に機械の設置するドラム磁選機によって鉄からアルミニウムを分離することができます。また HM シリーズのハンマーミルを使用することで、20~40 mmの回収物を実現することで、その後の選別のアルミ比をさらに向上させることができます。エンジンクラッシャーP01の生産能力は6~8 T/Hです

内熱式モーター破砕プラント

- アルミ エンジン用プレス

-アルミエンジン破砕機 

- 廃自動車ELVのリサイクル

- 使用済み自動車ELVから回収されるギアボックスリサイクル

- アルミプロラー

- ELVから出るトランスミッションリサイクル

- ハンマーミル より-鉄・非鉄を回収

*インストール中のシステム

August 29, 2022